チェアリングは楽しい♪😁

今年は春先に妻が足を怪我したため、毎年恒例の登山やお泊り旅行には行くことができず、基本的にご近所ドライブが中心でした。

そんな中、少しでもアウトドアフィールドを楽しみたいと考えていたところ「チェアリング」というキーワードを目にすることがあり、早速お試し

これが思いのほか楽しい事に気づいたので、紹介したいと思います。

「チェアリング」ってなに?

イスを持って出かけよう
お手軽でお気楽な、アウトドアアクティビティ
とは言っても難しい決まりは特になく、ただ
 好きな場所で
 気に入った景色を眺めながら
 ただゆっくりとした時間を過ごす
😌
それだけです。

公園のベンチじゃダメなの?

当然それでも良いですけど、ベンチだとイスが硬かったり雨ざらしで汚れが気になったりしますし、そもそも固定されているので場所は限定されてしまいます。
あと、人通りが多いところに設置されている事が多いので、意外と落ち着かないです😅

じゃあレジャーシートは?

もちろん従来のピクニックスタイルも同じことができますが、地面が固かったりデコボコしていると、やっぱり場所が限定されるかな?
あと、いったん広げると移動しづらいのも、身軽さの点ではマイナスかな?🤔

なのでチェアリングは荷物は少な目で身軽さを重視です👍

必要なモノは?

「チェアリング」である以上イスは必要です。
気軽に運べて自分がくつろげるならは、100均イスでも、お高いブランド製アウトドアチェアでもOkです。
まずは普段キャンプやBBQなどで使ってるイスがあれば、そこから始めてみると良いと思います。

チェアリング向きのイスってあるの?

ぶっちゃけどんなイスでも良い😆
とは言っても、くつろいだ時間を過ごすための道具なので、リラックスできる方がいいでしょう。
個人的には背もたれがあるイスが良かったですね。
あと身軽さがモットーなので、軽量コンパクトになるものが良いでしょう。

ちなみにわが家で使っているのはこの3種類です
コールマン ツーウェイキャプテンチェア>

展開状態
収納袋に入れて背負った状態

妻が足を怪我した時に買ったイス。
ひじ掛け部分で座面の張りを保っているので、折り畳みにしては座面がシッカリしたイスです。
■重量:約3.5kg
■仕様:高さ2段階調節、背面ポケット

決して軽量コンパクトではないけど、シッカリしたひじ掛けが付いたイスの中では軽量な方だと思います。


<Moon Lence アウトドア チェア>

朱鞠内湖キャンプでの一枚

わが家のキャンプなどで使っているイス。
有名なHelinoxチェアのコピーモノです😅
なんと言っても軽量コンパクトそして安い!!
■重量:890g

これと似たような Helinox のコピーチェアは多くありますが、重いモノも多いです。
全体的に包み込むような座り心地で、個人的にはお気に入り
ただ、難点があるとするならば、背面がメッシュなので、秋に使うと少々寒いです。
別にブランケットがあるといいでしょう。


<グリベル トレッキングチェアー>

足も畳めるので、短くなります

以前から登山やバイクツーリングなどで使っていたイス
とにかく小さくて軽いけど、残念ながら今では絶版になってます。
■重量:890g

三角形の座面は一見座りづらそうですが、三角形の頂点を股間に持っていくと、意外と収まりは良かったです。
ただ「くつろぐ」には小さすぎるので、チェアリング用には不向きかと思います。

コンパクトでも背もたれは欲しい気がします。

以上です。
贅沢を言えば、背もたれが高い「ハイバックチェア」なんかもイイかな~と思ってます。
もしお持ちの方が居られれば、使用感を教えてください。

イスの他に必要なモノは?

わが家の場合、過ごしながらお茶やおやつを食べることが多いので、それらを置く小さいテーブルや保温ボトルは持っていきます。
あとはご自分の好み次第ですね。


わが家が使っている小物類を紹介します

<ハイドロフラスク マグボトル>

妻がカワイイ!と一目惚れで買ったものですが、容量も大きく使い勝手は良いです。
他にも定番のサーモスのボトルも使ってます。

選ぶポイントとしては、コンビニや自販機で売っている暖かいお茶を入れることが多いので、最低350ml以上入る物を選んでいます。


<ワークマン アウトドア ギア ローテーブル >

最近話題のワークマン製のローテーブル
CaptainStag社製のテーブルのコピー品でしょうかね?
1000円以下で買えたので、すぐに売り切れました。
来年もワークマンはキャンプアウトドアに力を入れるようなので、再販を期待したいです。

ただ、このテーブルは収納サイズも大きいので、山にはSotoのフィールドホッパーを使ってます。

どこでできるの?

特に決まりはありません。
ネットで諸先輩方の情報を拝見すると、公園はもちろん。河川敷や海辺の防波堤の上など、人それぞれのお気に入りの場所があるようです。
人によっては、渓流の中にイスを置いている人もいました。
私の住む札幌だと大きい公園もたくさんあるので、チェアリング天国かもしれません。😄

ほしみ緑地にて

注意することはないの?

チェアリングをする上で、最低限のルールもあるので見ておいてくださいね。

チェアリングを行う際の注意点

日本チェアリング協会では、以下の事が提唱されています

  1. 人に迷惑をかけない
  2. ゴミは持ち帰る(むしろ掃除して帰る)
  3. 市井の人に威圧感を与えない
  4. 私有地に無断で立ち入らない
  5. 騒がない
  6. 公共の場を占有しない
  7. 装備を増やしすぎてキャンプにならない

あたりまえの事ですね👍

という事で、皆さんの思い思いのスタイルで楽しんでみてください😄

チェアリングについてはコチラの本がオススメです

コメント

タイトルとURLをコピーしました